【赤】スカラ チロ ロッソ クラッシコ スーペリオーレ

  • 【赤】スカラ チロ ロッソ クラッシコ スーペリオーレ
  • 【赤】スカラ チロ ロッソ クラッシコ スーペリオーレ
スカラ チロ ロッソ クラッシコ スーペリオーレ
Scala Ciro Rosso Classico Superiore

味わい  ミディアムボディ
タイプ  赤ワイン
VT   2016
国    イタリア
地域   カラブリア
品種   ガリオッポ 100%
造り手  スカラ


【ワイン情報】
醸造:
圧搾後、優しくプレスして、ステンレスタンクにて25℃に保ちアルコール発酵。その後、セメントタンクで10-12ヵ月間熟成。1ヵ月間の瓶内熟成後、出荷


特徴:
ルビー色反射光はレンガ色。ドライフルーツ、カカオ、セイジ、黒コショウ等のスパイスの様な香り。ブドウをかじった後の様な味わい。はつらつとした酸、若々しく心地よいタンニン、円やかな味わいの中にボディーを感じる。後味のミネラル感が上品な余韻を引き立てる。


【生産者情報】
カンティーナは1949年Antonio Scala氏によって設立され、以降ブドウ栽培だけを勤しみながら、Ciro DOCを造り続けてきた。
設立当初は、まずCiro DOC Rossoの生産が開始され、これは50リットル樽で大量に販売されていたが、1951年には初のスカラ社ラベル付きボトルのCiro DOC Rosso Classicoが販売され、その数年後にはCiro DOC Rosatoのファーストボトリングが行われた。2005年に息子Luigi Scalaによってカンティーナは、もとの構造をそのまま残す形で改修され、施設内部にあるセメントタンク(当時まだ存在していなかったステンレスタンクの代わりに使用されていた)を復元。
このセメントタンクはCiro DOC Rosso ClassicoとRiservaの熟成に使用しており、空気に触れる事で(酸化を促すことで)Gaglioppoのタンニンの攻撃性を減少させ、よりまろやかにしてくれるという効果がある。
その他にも最新機器を導入。“コールドライン”と同様、タンクすべてが連結され、プログラム制御された発酵を可能にした。10トンの2つの発酵槽はそれぞれ内部に自動のルモンタージュ、ソフトプレスなどの様々な機能を備えている。
これらは、ブドウ栽培の歴史が3代まで続いたからこそ、古代と現代を融合させる事ができたのである。

スカラ社は1974年のVinitalyでの醸造家賞の受賞から始まり、現在まで数多くの受賞歴を持つ。
いまではイタリア全土だけでなく、世界中の人々に愛されるカラブリアワインを造り続ける、この地区を代表するカンティーナになっている。

【赤】スカラ チロ ロッソ クラッシコ スーペリオーレ

2,800円(税込3,080円)

在庫状況 残り僅か1本

購入数