【限定白】ルドヴィック・シャンソン ガヴロッシュ

  • 【限定白】ルドヴィック・シャンソン ガヴロッシュ
  • 【限定白】ルドヴィック・シャンソン ガヴロッシュ
ルドヴィック・シャンソン ガヴロッシュ
Ludovic Chanson Gavroche

味わい 辛口
タイプ 白ワイン
VT   2017
国   フランス
地域  ロワール
品種  ソーヴィニヨンブラン100%
造り手 ルドヴィック・シャンソン 

※この商品は限定のためお一人様1本ずつのご購入をお願いいたします。

【ワイン情報】
「大きな者に勇敢に立ち向かう小さき者」というキュヴェ名で、17年は春の雹で収量減25%となりましたが美しいフレッシュ感が気に入っているルドが自社ブドウのソーヴィニヨンブランをステンレスタンクで発酵12 ヶ月熟成し瓶詰めしました。光沢あるホワイトイエローの外観から、マロンの奥に柑橘の香り、果実の甘み感じるアタックに丸い酸とミネラルが交差する優しい余韻が好印象です。

【生産者情報】
 ロワール/モンルイに無農薬の畑でワインを造っているAlexMathur(アレックス・マチュー)というワイナリーがありました。そこの醸造家のエリックは2007年までたった1人でワインを造っておりました。
 ワイン造りを勉強する為に2005年にアンボワーズに入学したルドヴィック・シャンソンは、友人がエリックの所に見習いで働いた経緯があり彼と知り合い、同じ無農薬のワインを造りたくてエリックと意気投合して2008年に一緒にワイン造りを始めました。しかしその後、色んな諸事情で2009年からルド(ルドヴィック)が100%オーナーとなり、エリックはワイナリー AlexMathurをルドに売却。ルドはたった1人で切り盛りする事になりました。
 そしてそれを機にワイナリーの名前も変更、自分の名前を取ってLudovic Chansonという新しいワイナリーが誕生したのです。1971年Toursの生まれのルドヴィック・シャンソン。
 Tours大学を卒業した後、生命科学を専攻し15年間Biologisteとして働いていたが、ワインに興味が変わり、学生に戻りました。そして最終的に選んだのはやはり生まれ故郷のロワールです。実はグレゴリー・ルクレール氏(ドメーヌ・シャウ・エ・プロディージュ)と大の仲良し。
 それもそのはず、2005年のアンボワーズの学校で一緒に机を並べた仲なのです。高校を卒業してから入学する生徒が多い中、社会人の枠で知り合いました。そのクラスには何人かの社会人はいたけども、実際自分でワイン造りを始めたのは、たった3人、それだけ現実は厳しいです。その3人の中の2人ルドとグレゴリーは、何か解らない事があると2人で助け合ってワイン造りを行っております。
 でも2人共、それぞれたった1人でワイナリーを始めた一匹狼同士、どんなに仲が良くてもいつも孤独と隣り合わせの現実の中、熱い情熱をもって畑で仕事をしております。
 ルドが引き継いだ畑は全部で6ha。モンルイなので、シュナンブランがメインで4.6ha、さらにシャルドネが0.65ha、ソーヴィ二ヨンブランが0.75haと全て白品種です。(新井順子さん談)

【限定白】ルドヴィック・シャンソン ガヴロッシュ

2,500円(税込2,750円)

在庫状況 残り僅か1本

購入数