【赤】マラート ツヴァイゲルト・グートヴァイガー・ベルク

  • 【赤】マラート ツヴァイゲルト・グートヴァイガー・ベルク
  • 【赤】マラート ツヴァイゲルト・グートヴァイガー・ベルク
マラート ツヴァイゲルト・グートヴァイガー・ベルク
Malat Zweigelt Goettweiger Berg

味わい  ミディアムボディ
タイプ  赤ワイン
VT   2016
国    オーストリア
地域   クレムスタール
品種   ツヴァイゲルト
造り手  マラート

【ワイン情報】
ルビーの様な赤い色調。香りは黒系のベリーや野生のチェリーのコンフィに、シナモンのほのかなスパイス香で、熟成を感じさせる。円熟してバランスがとれ、 しっかりとしたストラクチャーとビロードの様になめらかなタンニン。さわやかな酸味がツヴァイゲルトの特徴です。繊細で長引くフィニッシュのミディアムボ ディです。

良く合う料理:
焼き鳥、レバー、ポテト、クスクス、マグロの網焼き、冷ハム、ハンバーガー、パストラミ、ハム、スペイン産(セラーノ)生ハム、イタリア産生ハム

【生産者情報】
マラートは、1722年位設立された家族経営のワイナリーで、ドナウ川の南岸にあるシュティフト・グートヴァイグ修道院の丘陵地帯に拠点を置いています。隣接するヴァッハウ地域にも畑を所有しており、多様な土壌からユニークなワインを生み出しています。

国内の農家の多くが参加する有機栽培プログラムKIP(Kontorollierte Integriete Produktion)のメンバー(リュット・レゾネのレベルをクリアするもの。
「自分の葡萄に応じた手入れをしていきたい。健康な時にはそのままでよいが、病気に感染した時には適切な処置をする。一年の成果がわかる収穫時が一番の楽しみ。それをワインにするのは毎年わくわくする体験」
テロワールや葡萄の個性を尊重したいから醸造はできるだけ自然に。ほとんど培養酵母は使わないけれど、自然な発酵が無理な場合には培養酵母の助けを借りるそう。

ツヴァイゲルトは、オーストリアで最も広く栽培されている黒ブドウ品種で、ブラウフレンキッシュとサン・ローランの交配種です。温暖な地域ではプルーンのような黒果実の風味があり、パワフルでジャミーに仕上がります。

マラートのある冷涼な地域では、よりエレガントで赤い果実の風味が感じられる。品種特有の親しみやすさとジューシーさはそのままに、気品も感じられるのはマラートならではです。

【赤】マラート ツヴァイゲルト・グートヴァイガー・ベルク

2,910円(税込3,201円)

在庫状況 残り僅か1本

購入数