【限定白】ラ・サラーダ マス カンディ オベラ・ネグラ

  • 【限定白】ラ・サラーダ マス カンディ オベラ・ネグラ
  • 【限定白】ラ・サラーダ マス カンディ オベラ・ネグラ
ラ・サラーダ マス カンディ オベラ・ネグラ
La Salada Mas Candi Ovella Nagra

味わい  辛口
タイプ  白ワイン
VT   2018
国    スペイン
地域   ペネデス
品種   ガルナッチャブランカ、マルヴァジア・デ・シッジェス
造り手  ラ・サラーダ

※この商品は限定のためお一人様1本ずつのご購入をお願いいたします。

【ワイン情報】
Garnacha Blanca/Malvasia de Sitges (65%/35%)のアンフォラブレンド。
ベネデスとしては非常に希少性の高いブドウ品種ですが、 トニの畑には1980年代に植えられたゴブレの畝 がほんの僅かに存在しています(ベネデスはおろかスベイン全土にもMalvasia de Sitgesは殆ど存在していないとの事)。
トニが醸すワインの中で最も円やかで豊穣なキュヴェです。

桃やネクタリンの果肉、アーモンドの花やマジバンを連想させるリッチな芳香。
更にはマンダリンオレンジや杏仁と言ったチャーミングな香りだけで無く、トニのワイン独特の塩気を含んだ爽快なミネラルがあります。

【生産者情報】
ラ サラーダはカタルーニャ州ペネデスで4代続くブドウ農園当主トニカルボが意を決してスター卜した新進気鋭のコンセブ卜。収穫されるブドウの大部分を地元有力 カヴァセラーに卸す事で生計を立てて来た卜二が次世代を見据えた上で踏み出した勇気ある選択とも言えます。契約ブドウ農家を生業として来たカルボファミリーの所有する畑の殆どはシャレッロやマカブー。文字通り「搾取」されるかの様な金額で取引されてしまう通り一遍のしきたりに嫌気が差した卜二は当初ガルナッチャ等の黒ブドウ栽培に力を入れ、その次のステップとしてマスカンディというワイナリーを設立して自ら醸造に乗り出しました。

しかしながらそれは人為的介入を拒否したスタイルではなく、クラシックな美しい表現。オーガ二ックで畑との共生を既にスター卜していた卜二が更に踏み込んだ表現に挑む事はあくまで自然な流れでありました。スペイン語で「塩」を意味するラ サラーダですが、実はこれはカルボ ファミリーが所有する畑の中で最も古い区画に建つ小さな白壁の小屋に付いている名称。かつて畑で汗を流し続けてくれた小作人達が共同生活を送っていた小屋は現在も畑の中心に建っており、まるでブドウ達を守っているかの様に慎ましい雰囲気を醸し出しています。

そして卜二の大きな後ろ盾となっているのが親友であり共に永年ワインを醸して来たラモン ジェネ。大らかなトニとエネルギッシュなラモンの共同作品が生まれるアトリエこそがラサラーダと言えるかも知れません。トニにとってラサラーダとは原点。そのプリミティブなスタイルは地元カタルーニャを着火点として世界中に広がり始めています。

【限定白】ラ・サラーダ マス カンディ オベラ・ネグラ

2,800円(税込3,080円)

在庫状況 0本売り切れ中

購入数