【限定赤】ドメーヌ マタッサ ブルータル ルージュ

  • 【限定赤】ドメーヌ マタッサ ブルータル ルージュ
  • 【限定赤】ドメーヌ マタッサ ブルータル ルージュ
ドメーヌ マタッサ ブルータル ルージュ
Domaine Matassa BRUTAL Rouge

味わい  ミディアムボディ
タイプ  赤ワイン
VT   2018
国    スペイン
地域   カタルーニャ
品種   グルナッシュ50%、シラー30%、ミュスカ・ブラン・ア・プティ・グラン20%(ルーション産)
造り手  マタッサ
SO2  無添加
※デリケートなワインです、保管はなるべく15度以下でお願いいたします。4月から10月まではチルド便をお勧め致します。

【ワイン情報】
Grenache 50/Syrah 30/Muscat Petit Grain20 テラコッタの様にオレンジ掛かった外観通りに飲み易さと満足感を兼ね備えたバルセロナ ブルータル用のキュヴェ。
「危うさ」に関して一切の心配が無く安心してボトル達の行方を追えるワイン達。コンセプトワイン「ブリュタル」。
このワインは、瓶詰め時に亜硫酸を使用することをよしとしない様々な生産者が、自分たちの「攻めた」ワインに共通のキュヴェ名をつけて、各自でリリースするコンセプトワイン。
ブリュタルには「残忍な」「粗暴な」という意味があり、と同時にカタラン語(このコンセプの発起人にスペインやルーションの生産者が含まれるため)のスラングで「素晴らしい!」という意味もあるダブルミーニング。
既存のワインの権威に対してのアンチテーゼとして死神が鎌を振るうデザインのエチケット(ラベル)が定番で使用されます。

【生産者情報】
Matassa【マタッサ】とはカタルーニャ語で「森」を意味する古語。ピレネーの偉大なる自然に周囲を覆われたルーションのカルスに誕生した野心的プロジェクトがその発端となっています。ワインメーカーであるTom Lubbe【トム ルッブ】は南アフリカ育ちのニュージーランド人。ワイン作りへの情熱に目覚めた彼が人生で劇的な出会いを果たした場所こそがカルスだったのです。若き日のトムが3ヶ月の見習いとして職を得たのは当時代表銘柄「ムンタダ」で世界的スターワイナリーへと躍進していたドメーヌ ゴービィ。当主ジェラール ゴービィの寵愛を受けたトムはその後3年に渡りビンテージに参加する事なるのですが、 最終的には醸造責任者のポジシヨンに昇りつめます。更には人生最大のトロフィと言える、ジェラールの娘ナタリーと恋に落ち結婚する事になったのです。名実共にルーション最高のスーパースターワインメーカーとなったトムですが、大きな後ろ盾に頼る事無くゼロからの挑戦を決意します。それこそがマタッサなのです。2001年にプロジェクトがスタートした当初偉大なる知識と影響力を以てプロジエクトの根幹を成していたサム ハロップ(史上最年少のマスターオブワイン)はワイナリーを去りましたが、トムとナタリーが夫婦二人三脚で創造するワインの姿はより ストイツクでありつジェネラスで鮮明な輪郭を持つようになっています。カタルー二ヤの至宝マタッサが見ぜる進化の可能性は限界とは縁遠いものなので

【限定赤】ドメーヌ マタッサ ブルータル ルージュ

4,900円(税込5,390円)

在庫状況 残り僅か1本

購入数