【限定白】ヒトミワイナリー 身土不二 ツボブラン

  • 【限定白】ヒトミワイナリー 身土不二 ツボブラン
  • 【限定白】ヒトミワイナリー 身土不二 ツボブラン
ヒトミワイナリー 身土不二 ツボブラン
HITOMI WINERY ShindoFuni Tsubo Blanc

味わい  辛口
タイプ  白ワイン
VT   2018
国    日本
地域   滋賀
品種   デラウエア、ソーヴィニョンブラン(滋賀県東近江市産)
造り手  ヒトミワイナリー

※この商品は限定のためお一人様1本ずつのご購入をお願いいたします。

【ワイン情報】
身土不二シリーズ 滋賀県各地で栽培されるぶどうで生まれるワイン

身土不二(しんどふに)とは、その土地、その季節に収穫した物を食べるのが身体に良いという考え方です。滋賀県内で丁寧に栽培されたぶどうで、心豊かになるワインを造り、滋賀に根付く地ワインへの成長を目指しています。また、全国各地の方に滋賀から発信する食文化の1つとして認知していただきたいシリーズです。

Shindo Funi Tsubo Blanc

この土地で採れたぶどうで、この土地ならではのワインを表現するため、自家農園産のソーヴィニョンブランと東近江市産のデラウエアを除梗破砕し、信楽焼の壺に入れ自然醗酵させました。低温の状態でゆっくり醗酵していきました。清澄・濾過を行っていないので成分などが沈殿しますが、身体を害するものではありません。

【醸造人からの特徴コメント】....自家農園産のソーヴィニヨンブランと、東近江市でぶどうを栽培される漆崎さんのデラウエアを信楽焼の壺で仕込みました。ソーヴィニヨンブランは3日間スキンコンタクトさせ、デラウエアは2週間醸し醗酵させました。仕込み比率はソーヴィニヨンブラン:デラウエア=55:45です。プチプチとしたガス感があり、桃の香りから、シトラス、すこしグリーンな印象もあります。開けたては少し香りが閉じ気味で、フラットな印象ですが、2日目、3日目と味わい深さが広がっていきます。滋賀県で作られた空気の透過性を持つ信楽焼の壺と東近江で採れるぶどうで表現した土地ワインを楽しんでいただければと思います。

【生産者情報】
ヒトミワイナリーは大阪のアパレル会社「日登美株式会社」の創始者・図師禮三が、1991年に故郷の永源寺に立ち上げたワイナリーです。
図師は若い頃からイギリスの陶芸家バーナード・リーチの陶器を収集しており、その温かみのある作品を多くの人に見て欲しいと美術館を建設。同時に、ワイン好きだった図師は
「美術館を訪れる人たちに、美味しいワインを飲みながら語れる場所をつくりたい」
「せっかくワインを飲んでもらうなら、自分達で葡萄を育て、この土地でワインをつくり、飲んでもらいたい!
と考え、ヒトミワイナリーを立ち上げました。
そんな情熱で、図師禮三は60歳で全くゼロからのスタートを切ったのです。
滋賀にてワイン造りをスタートしたヒトミワイナリー。
実は当初は「にごりワイン(無濾過ワイン)」は作っていませんでした。
はじめは教科書通りの透明なワイン作りを繰り返す日々。葡萄の仕込、除酸、清澄、濾過、瓶詰め…やっているつもりなのに、なかなか美味しいものを作る事が出来ません。苦悩のワイン作りが続きました。なぜ美味しいものが作れないのか。葡萄が悪いに違いない、作り手は悪くないのだと思ったりもしました。不勉強を他のせいにしていたのです。
そしてある年、新酒発売を記念してワイナリーミニツアーを開催し、上記のような教科書通りのワインをお客様にのんで貰いました。「美味しい」という感想は言って頂けるのですが...それがどうにも、心の底からでた「美味しい」という喜び、驚きとは違っているように思えました。作り手が心動かされていないワインでは、お客様の感動を引き出す事は出来ません。
そのとき思い出したのが、自分たちが、朝にタンクからすくって飲んでいる「にごったワイン」でした。製品になる前の途中の途中の段階だけれども、作り手が素直に「美味しい」と感動したあの味。その想いを伝えたいと、ツアーのお客様に飲んで頂きました。
「これ本当にうまいね!」「こんなワインはじめて!」「甘いのにキレがあって美味しい!」
ビックリするほどの反応でした。そのとき思いました。これかなと。自分たちが体験したあの感動が、お客様に伝わっている。教科書にはない「にごったワイン」だけど、形はどうであれ、美味しいものは美味しい。こうして「にごりワイン」は生まれたのです。
にごりワインを作り始めたものの、まだワイナリーとしては透明な濾過ワインも作らなければ経営できる状態ではありませんでした。
その、もの珍しさやワインブームも重なり、一時期は「にごりワイン」は売れたもののブームがさると同時に在庫の山となっていきました。
在庫が増えていくと「自分達のワイン作りはこれで良いのか?」と不安に襲われます。
濾過したワインがやはりいいのか、にごりワインがいいのか、ヒトミワイナリーは迷走していました。しかし、世界にはいろいろなワインがあり、ブームとは無縁で美味しいものはたくさんあります。
「ワイン作りは、いろんな国の伝統や技術があり、その土地ならではの味や、作り手の想いは、自分達の造るワインにしっかりと表現される。」
それならば、やはり自分達の感動する「にごりワイン」を迷わず作ろうと決心したのです。
そんな時に、京都の丹波ワイナリーから「関西をもっと元気にするワイン」を作ろうとお声があり、大阪のカタシモワリナリーと、3社によるプロジェクト「R3Project」が2009年に始動しました。そこで生まれたのが田舎式微発砲にごりワイン「R3Caribou」です!ありがたいことに大変好評を頂き、やはりにごりワインで間違いないと感じました。
このプロジェクトが終わり、そのときのワインコンセプトを受け継がせて頂き「h3」シリーズが生まれたのです。そして、ヒトミワイナリーは濾過ワインを作るのを辞め、全てのワインを「にごりワイン」にすることとなりました。

【限定白】ヒトミワイナリー 身土不二 ツボブラン

3,000円(税込3,300円)

在庫状況 残り僅か1本

購入数