【限定白】ヴィニョーブル・クリュール ペット・アン・レール

  • 【限定白】ヴィニョーブル・クリュール ペット・アン・レール
  • 【限定白】ヴィニョーブル・クリュール ペット・アン・レール
ヴィニョーブル・クリュール ペット・アン・レール
VIGNOBLE KLUR Pet En L’Air

味わい  辛口
タイプ  スパークリングワイン
VT   2018
国    フランス
地域   アルザス
品種   リースリング、ミュスカ
造り手  ヴィニョーブル・クリュール 

※この商品は限定のためお一人様1本ずつのご購入をお願いいたします。

【ワイン情報】
PETはペティヤンの略ではありますが、PET EN L’AIR という名前は18世紀のL’Art de Péter という高名な学術書に収録されている物語にインスピレーションを受けました。アマゾンの王子と女王にまつわるその物語は厳格な人々に向けて書かれましたが…このワインは陽気で軽やかな気持ちをお届けします!

小さな区画からのミュスカとヴィネック・シュロスベルグの頂点のリースリングを組み合わせることで、クリスピーでフレッシュな味わいになりました。11月の発酵中に手作業で瓶詰めを行い、冬の間冷たいセラーに保管しました。花崗岩の土壌がミュスカの美しいアロマとリースリングの溌溂さを育みました。

【生産者情報】
コルマール市近郊のカッツェンタル村に17世紀から続くぶどう栽培家Clément Klur、「カッツェンタル」(=猫峡谷)村をアピールするためにエチケットに描いた『猫のラベル』でもおなじみです。

現在は、小規模生産を選びほとんどの畑を貸し出し、わずか1.7ヘクタールの畑から娘と新しいワイン造りをスタートさせました。

17世紀からアルザス地方コルマール市近郊Katzenthal(カッツェンタール)村でワイン造りの歴史を持つクリュール家。1999年、ビオロジックとビオディナミを基軸としたVignoble Klur(ヴィニョーブル・クリュール)を継承しました。彼らは当主の名前による「Clément Klur(クレマン・クリュール)」で名を馳せました。

2017年、クリュール家は家族の喜びを目的として「反成長」を選択します。それは管理するブドウ畑を小さくし、自分たちが造るワインの生産量も減らすという決断でした。

Clément Klurというブランドと2014年から2016年のワインのほとんどをDomaine Léon Heitzmann(レオン・ハイツマン)に売却。ブドウ畑の大部分も、同じくハイツマンに貸し出されました。Clémant氏は40年間のワイン造りを引退し、娘のElisa(エリザ)と共に少量の自然なワインを造る道を選んだのです。

クリュール家は、特級畑となる花崗岩のWineck Schlossberg(ヴィネック・シュロスベルグ)と粘土石灰質のHinterburg(ヒンテルブルグ)の二つの区画、わずか1.7ヘクタールの畑から新しいワイン造りをスタートさせました。どちらも1999年以来オーガニック及びビオディナミの認定を受ける畑です。

【限定白】ヴィニョーブル・クリュール ペット・アン・レール

4,000円(税込4,400円)

在庫状況 残り僅か1本

購入数