【白】ヴァレ・ダ・カプーシャ フォッシル ブランコ

  • 【白】ヴァレ・ダ・カプーシャ フォッシル ブランコ
  • 【白】ヴァレ・ダ・カプーシャ フォッシル ブランコ
ヴァレ・ダ・カプーシャ フォッシル ブランコ
Vale da Capucha Fossil Branco

味わい  辛口
タイプ  白ワイン
VT   2017
国    ポルトガル
地域   トレス・ヴェドラス
品種   フェルナン・ピレス主体、アリント
造り手  ヴァレ・ダ・カプーシャ 

【ワイン情報】
旧トレシュ・ヴェドラシュ・ブランコ。
フォッシル の名の通り、キンメリジャン土壌で化石が良く見つかる土壌のイメージをダイレクトに伝えるため、名前を 2017VTから変更。
スタンダードなヴァレ・ダ・カプーシャの白。
しっ かりとした収穫量の取りやすいフェルナン・ピレシュを主体に複雑性を与えるためにそのほかの品種をブレンド。
高い酸と厚みのある味わいで、香りにも味わいにも 海の影響を強く感じる。

【生産者情報】
アントニオのワインとならんで、ポルトガルワインを取り扱う決め手となったのが、ペドロ・マルケスの白ワインです。ペドロのワイン造りは、キンメリジャン土壌を活かした、気候にも土壌にも海を強く感じさせるもので、地品種を数多く栽培して特徴的な白ワインを造っています。

 リスボンの北に位置する、トレス・ヴェドラスの地域に13haのブドウ畑を所有。2009年にワイナリーを再興するべく、兄弟でワイン造りを始め、2015年にビオ認証を取得。田舎で生まれた彼にとってブドウ畑は常に身近にあり、リスボンの農業専門学校に行くことに初めから迷いはなかった、と話します。

 2005年に卒業後ヨーロッパや新世界のワイナリーで働きながら、少しずつ家族の畑を植えなおし、2009年に初めて自身のワインを造りました。それ以降も近所のワイナリーで働きながら、2015年にようやく兼業を脱してフルタイムで働けるようになりました。

 「ブルゴーニュ、ジュラ、アルザス、ロワール、そしてシュタイヤーマルクで造られるような、洗練されたワインが好きだが、白品種のスキンコンタクトといった、昔使われていた技術にも興味はある。けれど、食中酒を造ることをなによりも念頭に置いている」と、ペドロは話します。

【白】ヴァレ・ダ・カプーシャ フォッシル ブランコ

2,800円(税込3,080円)

在庫状況 残り僅か1本

購入数