【赤】シャトー・ダルマイヤック 2000

  • 【赤】シャトー・ダルマイヤック 2000
  • 【赤】シャトー・ダルマイヤック 2000
シャトー・ダルマイヤック
Château d'Armailhac

味わい  フルボディ
タイプ  赤ワイン
VT   2000
国    フランス
地域   ボルドー
品種   カベルネ・ソーヴィニヨン 52%、メルロ 36%、カベルネ・フラン 10%、プティ・ヴェルド 2%
造り手  シャトー・ダルマイヤック


※この商品は限定のためお一人様1本ずつのご購入をお願いいたします。

【ワイン情報】
ャトー・ダルマイヤックのワインの醸造は、バロン・フィリップ社のシャトー・ムートン・ロートシルトの醸造チームと同じスタッフが行っています。

また、アッサンブラージュにも長けており、カベルネ・ソーヴィニョン主体ではあるものの、メルローの比率を多くしているため、飲み口の柔らかいワインに仕上がっています。

また、バロン・フィリップ社の三男と呼ばれていて(長男はシャトー・ムートン・ロートシルト、次男はシャトー・クレール・ミロン)、この三兄弟の中では最も軽快で、親しみやすいスタイルとなっています。

【生産者情報】
メドック格付け第5級のシャトー・ダルマイヤック。

シャトーの歴史は18世紀に遡り、当時はダルマイヤック家が所有していました。

1933年にはシャトー・ムートン・ロートシルトのフィリップ・ロートシルト氏が畑を所有していた事から、格付け制定された1955年までシャトー・ムートン・ダルマイヤックと呼ばれていました。

その後1956年からはムートン・バロン・フィリップに改名。1989年ヴィンテージより、今現在のシャトー名であるダルマイヤックと改められました。

所有者は現在もメドック格付け第1級のシャトー・ムートン・ロートシルト(ロスチャイルド家)です。

過去に何度もシャトーの名称変更が行われた影響はあまりにも大きく、消費者からは長年馴染みの薄い印象を強くもたれていました。

しかし、ここ数年の目覚ましい品質向上により、安定的人気シャトーへと成長を遂げてきています。

ダルマイヤックの畑はメドック格付け第1級のシャトー・ムートン・ロートシルトに隣接する、なだらかな日当たり良好の丘陵地です。

恵まれた日照量があり、水捌けも格段によいこの地は、ブドウが完熟できる素晴らしい環境と言えます。

ブドウ樹の平均樹齢は50年前後。畑は細かい区画に分割され管理されています。ブドウの成長度合いや完熟度から、収穫は各区画ごと最も適した時期に行われています。

熟成はオーク樽で行われていますが、樽の芳香が全面に出すぎてしまうことでブドウ本来の自然な果実味が失われてしまうことを懸念し、優れた醸造技術で果実味重視のテイストへと仕上げられています。

一般的なダルマイヤックの評価は親しみやすく飲みやすいスタイルです。

ここ最近のヴィンテージにおいては一貫して秀逸とされ、もし次回にメドック格付け改定が行われたら第4級に昇格するであろうと、期待され注目度も大きいです。

【赤】シャトー・ダルマイヤック 2000

16,800円(税込18,480円)

在庫状況 0本売り切れ中

購入数

コンテンツ

営業日カレンダー

2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
2020年12月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031