【限定赤】ヴァンサン・トリコ トワ ボン ノム マセラシオン・カルボニック

  • 【限定赤】ヴァンサン・トリコ トワ ボン ノム マセラシオン・カルボニック
  • 【限定赤】ヴァンサン・トリコ トワ ボン ノム マセラシオン・カルボニック
ヴァンサン・トリコ トワ ボン ノム マセラシオン・カルボニック
Vincent Tricot Trois Bonhommes MC

味わい  ミディアムボディ
タイプ  赤ワイン
VT   2019
国    フランス
地域   オーヴェルニュ
品種   ピノノワール
造り手  ヴァンサン・トリコ
SO2  無添加

※デリケートなワインです、保管はなるべく15度以下でお願いいたします。4月から10月まではチルド便をお勧め致します。

※この商品は限定のためお一人様1本ずつのご購入をお願いいたします。

【ワイン情報】
天然酵母醗酵、除梗せず、18日間醸し後、デキュヴァージュしプレス ステンレスタンクで4ヶ月間発酵 2019年1月澱引き ステンレスタンクで1ヶ月間熟成。

19年は非常に暑く乾燥しブドウの実はカシスの様に小さく凝縮感はありますが非常に限られた収量でした。全房で18日間マセラシオンカルボニック後デキュヴァージュしプレス、タンクで発酵、フードルで4 ヶ月熟成し瓶詰1 ヶ月前に澱引きしました。
明るいパープルから、アセロラやクランベリーの香り、柔和なアタックに上品なタンニン、熟したリンゴの旨味、しなやかさの中に華やかな美しさが光ります。

【生産者情報】
ヴァンサン・トリコは1972年生まれの若き醸造家。南仏でワインを11年造っておりましたが、いよいよ独立の時期が到来、しかし選んだ地は奥様の 実家の近くオーヴェルニュ地方でした。何とまー奇特な方でしょう。しかしそれは彼にとってChance到来の選択です。この地で長い間(1971年〜)無 農薬で畑を守っていた、Claude Prugnard氏の所でお手伝いをし、彼もそろそろ年齢的理由で引退を決心。彼の子供がワイン造りに興味はなく、 残念ながら畑を手放なさなければならなくなりました。しかし最後に彼のワイン造りを手伝ったヴァンサンの情熱に惚れ、彼に畑とシェ(醸造所)を譲り ました。2000 〜 2002年は金銭的理由で借りておりましたが、2003年に購入、名実ともにオーナーとなり自分のワインを造り始めました。

 畑は全部で4.6ha、内訳は3.3haのGamay、0.7haのChardonnay、そして何と0.6haのPinot Noirなのであります。昔この地では沢山のPinot Noirが 植わっておりましたが、近くのBourgogneの関係で泣く泣くブドウの木を抜かなくてはならないほど、経済的ダメージを受けたこの地で、頑なに守られて きたPinot Noir。私だって喉から手が出るほど欲しい畑です。彼も同じ意見で、これからもっとPinot Noirを植えていきたい!と夢を語っておりました。  どうして大変なBIOを選んだのですか?との問いに自然が大好きだからと…。  皆BIOの実践者は同じような答えが返ってきます。意地悪な私は「女性は都会が好きだけど奥様の反対はなかったですか?」との問いに、彼女の お父様もボージョレでネゴシアンをしていたから、田舎暮しやワインへの理解は大丈夫です。と仲の良い御夫婦です。

【限定赤】ヴァンサン・トリコ トワ ボン ノム マセラシオン・カルボニック

4,000円(税込4,400円)

在庫状況 残り僅か1本

購入数