【赤】セラー・トマス・トレス アル・タル・ネグリ

  • 【赤】セラー・トマス・トレス アル・タル・ネグリ
  • 【赤】セラー・トマス・トレス アル・タル・ネグリ
セラー・トマス・トレス アル・タル・ネグリ
Celler Tomas Torres Al Tall Negre

味わい  ミディアムボディ
タイプ  赤ワイン
VT   2019
国    スペイン
地域   バルセロナ
品種   ガルナッチャ100%
造り手  セラー・トマス・トレス 
SO2  無添加 

※デリケートなワインです、保管はなるべく15度以下でお願いいたします。4月から10月まではチルド便をお勧め致します。

【ワイン情報】
ワイン名の"All tall"は、地元のフォークグループのバンド名。
ラベルに書かれている”Posa Vi!"は、彼らの曲の一つで「ワインを注げ!」という意味です。
ラベルは彼らのアルバムジャケットです。

しっかり濃い黒に近い赤紫色にピンクの縁。
香りの立ち上がり良し。
黒い果実感、プルーンやブラックチェリーなど。落ち着きある香り。
味わいは、辛口のミディアム。
落ち着いた黒い熟した果実感でしなやかなニュアンス。
酸と収れん性もしっかりあります。
赤身の肉料理とどうぞ。

【生産者情報】
セラー・トーマス・トレスは、バレンシアの南、Carricolaコミュニティーに位置しています。
当主トーマス・ビンセント氏は1990年代初頭に、自分と家族、そして友達の個人消費用ワインを作りたいと考え、ブドウ畑を手にいれました。
家の地下でワインを生産したところ思いのほか出来がよく、みんなからの評判も良かったことから、結果的に1996年から自分でブドウを植え始め、新しい醸造所も家とブドウ畑の間に建設しました。

現在、合計2ヘクタールのブドウ畑をCarrícolaコミュニティーの片岩質・粘土土壌、Bélgidaコミュニティーの石を多く含む沖積層の土壌に所有しています。
ブドウ畑は標高350-450mに位置しており、1年間の雨量が平均600〜1000mm。地中海性気候の影響を受けています。
ブドウ品種はバレンシア地方の土着品種と国際品種が中心です。

ビンセント氏がかなり環境や食事についてこだわりを持っており、ブドウ畑に隣接した醸造所や農地は循環型のエコシステムを構築しています。
農作物、クルミ、オリーブなどの農地では鶏やウサギ、ロバ、仔羊などが飼われています。
彼は、化学製品にアレルギーを持っている人たちやベジタリアン、ヴィーガン、また一般的に健康的な食事を心掛けている人たちに彼のワインや農作物を消費してもらえればと考えているそうです。

【赤】セラー・トマス・トレス アル・タル・ネグリ

3,000円(税込3,300円)

在庫状況 残り僅か1本

購入数