【赤】ジャン・クリストフ・ガルニエ レ・タイユ

  • 【赤】ジャン・クリストフ・ガルニエ レ・タイユ
  • 【赤】ジャン・クリストフ・ガルニエ レ・タイユ
ジャン・クリストフ・ガルニエ レ・タイユ
JEAN CHRISTOPHE GARNIER Les Tailles

味わい  ミディアムボディ
タイプ  赤ワイン
VT   2019
国    フランス
地域   ロワール
品種   カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニョン
造り手  ジャン・クリストフ・ガルニエ

【ワイン情報】
ルビー色。グレナデンやフランボワーズソースを想わせる華やかで凝縮感を感じさせる赤い果実主体に少しカシスが加わるような香り、野に咲く草花の茎や葉、ハーブのような清々しい仄かな青み、根菜や土を想わせる大地の雰囲気が感じられます。果汁感をイメージさせる瑞々しいミディアムタッチで、グレナデンなど熟した赤い果実とそれに似た甘みが和むような馴染みやすさを感じさせ、徐々にカベルネ由来の清涼感のある青みがかった風味やキレのある酸、テロワール由来の根菜などのニュアンスも重なっていきます。葡萄品種やテロワールだけでなく、タンクと大樽熟成させたそれぞれのワインをブレンドすることで、タンクの若さ溢れる果実味に加え樽由来の柔らかさや落ち着いた雰囲気が混ざり、それぞれの要素が良き相乗効果をもたらすことで複雑さや妖艶な様子が引き出されています。

【生産者情報】
グランメゾンに10年以上ソムリエとして務めたジャンクリストフ ガルニエは、農業学校で学んだ後、マークアンジェリのもとで働きながら多くのことを学びドメーヌを立ち上げました。
辛口〜甘口 酸化熟成型白〜ミネラル豊かな白 赤の微発泡など実に個性豊かなワインを造っています。
10年を経た現在、サンベール ドゥ ラティー(村の名前)に7haの畑を所有するに至ったのですが、年数が経つにつれ区画ごとの特徴も把握でき、それに合わせた仕事ができるようになったそうで、醸造も自然に行うことが土地の味わいの表現につながると信じて頑張っています。
彼のワインは自然な造りでありながら、味わいが美しく明確な主張を感じられます。それはきっと、著名なレストランのソムリエの立場でワインを供した経験が、ワイン造りに反映されているのだと思うのです。 
メインラベルには、自らの尾を呑み込む蛇「ウロボロス」が描かれております。
最も古い文明のシンボルのひとつとされ、世界各地の文明に派生し多くの神話に登場する蛇ないし竜で、創造、輪廻転生や無限などの象徴とされております。
ジャンクリストフは、ウロボロスを陰と陽、宇宙と地球の意味合いを込めて採用しました。

【赤】ジャン・クリストフ・ガルニエ レ・タイユ

3,200円(税込3,520円)

在庫状況 残り僅か1本

購入数