【限定赤】コント・アルマン ポマール・クロ・デ・ゼプノ プルミエ・クリュ・モノポール

  • 【限定赤】コント・アルマン ポマール・クロ・デ・ゼプノ プルミエ・クリュ・モノポール
  • 【限定赤】コント・アルマン ポマール・クロ・デ・ゼプノ プルミエ・クリュ・モノポール
コント・アルマン ポマール・クロ・デ・ゼプノ プルミエ・クリュ・モノポール
Comte Armand Pommard Clos des Epeneaux 1er Cru Monopole

味わい  ミディアムボディ
タイプ  赤ワイン
VT   2008
国    フランス
地域   ブルゴーニュ
品種   ピノ・ノワール 100%
造り手  バンジャマン・ルルー

※この商品は限定のためお一人様1本ずつのご購入をお願いいたします。

【ワイン情報】
ポマールは、タンニンが豊富で味わいは濃厚、長命なワインを生む産地として知られていますが、「クロ・デ・ゼプノー」はその中でもより力強い大器型ワインを生み出す畑です。
ちなみに、ポマールには「クロ・デ・ゼプノー」「グラン・ゼプノ」「プティ・エプノ」と3つの「エプノ」名が付く1級畑がありますが、「クロ・デ・ゼプノー」は上記の「グラン・ゼプノ」と「プティ・エプノ」の両方の区画をまたぐ一続きの畑です。 
そのたくましい造りから、こってり目の料理やくせのあるジビエなどと合わせて楽しめるのがポマールの魅力ですが、今はセラーにしまっておいて、来る秋から冬にかけて温かい食事と一緒に、ゆっくりと味わいたいところです。

【生産者情報】
コント・アルマンの一族はクロ・デ・ゼプノーの畑を所有しており、ジャン・フランソワ・アルマンとクロティルド・マレーが結婚した1826年にワイナリーが建設されました。残念な事に畑はフィロキセラによって壊滅した後も1930年になるまで植え替えが行われませんでしたが、今日ではポマールで最も優れた畑の1つに上げられます。
1985年にはケベック人青年パスカル・マルシャンが醸造責任者にたちドメーヌは一気にポマール最高峰の位置までその地位を高めました。1999年にパスカル・マルシャンはドメーヌ・ド・ラ・ヴージュレに移った為1999年からは1991年よりコント・アルマンでアルバイトをしていたバンジャマン・ルルーが醸造責任者を継いでいます。
バンジャマン・ルルーはビオディナミ栽培を最も熱心に支持している生産者の一人で、ブルゴーニュ・オジュルデュイ・マガジンで今後10年を支えるトップ・10のトップを飾ったのは驚きでもありません。
1994年にはクロ・デ・ゼプノーに加えてオーセイ・デュレス、ヴォルネイなどを購入、またクロ・デ・ゼプノーの若木はポマールまたはポマール・プルミエ・クリュで販売されています。
コント・アルマンのクロ・デ・ゼプノーは間違いなくブルゴーニュを代表する偉大な赤ワインの1つに考えられており、飲み焦らない事が重要なワインです。

【限定赤】コント・アルマン ポマール・クロ・デ・ゼプノ プルミエ・クリュ・モノポール

23,000円(税込25,300円)

在庫状況 残り僅か1本

購入数