【赤】パトリック・サリヴァン ジャンピン ジュース・ピノ ノワール

  • 【赤】パトリック・サリヴァン ジャンピン ジュース・ピノ ノワール
  • 【赤】パトリック・サリヴァン ジャンピン ジュース・ピノ ノワール
パトリック・サリヴァン ジャンピン ジュース・ピノ ノワール
Patrick Sullivan Jumpin' Juice Pino Noir

味わい  ライト〜ミディアムボディ
タイプ  赤ワイン
VT   2020
国    オーストラリア
地域   ヴィクトリア州ギプスランド
品種   ピノノワール
造り手  パトリック・サリヴァン

【ワイン情報】
フルーツは主に地元Gippsland【ギプスランド】から、 Yarra Valley【ヤラ ヴァレー】やHenty【ヘンティ】等、Victoria【ヴィクトリア】州内の複数個所から収穫しています(勿論全てオーガニックです)。シリアスで飲み手に黙考を強いる様なスタイルではなく、弾ける様な果実味と軽快な飲み口、スルスル飲める気軽さが身上。パーシャルなカルボニック マセラシオン、ステンレスタンクでのホールベリー発酵、2000ℓの古樽(フードル)での熟成。ラズベリーとザクロの香りが顕著で、ジュース感満載です。ゴクゴク飲めちゃいます。

【生産者情報】
ヒースコートのブドウ農園で生まれたパトリックサリヴァン。ブドウやワイン囲まれて幼少期を過ごした彼は順風満帆でアカデミックな人生を送り、品行方正で行儀の良い青年となり、洗練の極みともいえるワインを作る天才です・・・なんて大嘘です。彼は我々日本のワイン業界人が考えも及ばないクソガキです(笑)

アデレード大学とメルボルン大学を卒業し醸造学を学ぶに至るまで彼は牛や豚、羊の畜殺場で働いていました。ロンドンでワインにのめり込みオーストラリアへ帰国。学位を取得した現在、彼の口から飛び出てくるのは刺激的というか風刺的というかというか、とにかく衣が着せられていない剥き出しの感情です。「醸造学なんて必要ないよ。畑で何お行うかが重要であって栽培能楽の方がよほど大切なんだ。ワイン作りなんてシンプルなもんで、発酵槽に葡萄をぶち込む。発酵が終わって不快なにおいがしなければそれでオッケーさ」とのたまいます。

現在はサウザンドキャンドルズ農園で葡萄の管理を全て一手に引き受け、自身の名前でもワイン作りを楽しみ、シーズンオフにはボージョレやシシリーでビンテージに参加。彼が作るワインはロンドンのナチュラルワインバー「テロワール」でも大人気の銘柄であり、いよいろ世界のスターダムに伸し上がってきた感さえあります。オーストラリアの風来坊。 パトリックから目が離せません!(インポーター資料)

【赤】パトリック・サリヴァン ジャンピン ジュース・ピノ ノワール

3,500円(税込3,850円)

在庫状況 残り僅か1本

購入数