【限定赤】カレラ ジェンセン ピノノワール

  • 【限定赤】カレラ ジェンセン ピノノワール
  • 【限定赤】カレラ ジェンセン ピノノワール
カレラ ジェンセン ピノノワール
Calera Jensen Pinot Noir

味わい  ミディアムボディ
タイプ  赤ワイン
VT   1985
国    アメリカ
地域   カリフォルニア
品種   ピノノワール
造り手  カレラ

※この商品は限定のためお一人様1本ずつのご購入をお願いいたします。

【ワイン情報】
華麗なルビー色のジェンセン・ピノノワールはダークプラム、樹木のスパイス、クランベリーに八角やオレンジの皮など芳香で満たされています。ミネラルやほのかな燻し香、ブラックチェリーやダークスパイスの風味が食欲をそそります。みずみずしく豊かな味わいは優雅に長い時間をかけ持続します。典型的なジェンセン・ヴィンヤードの豊かな味わいです。

【生産者情報】
カレラの歴史は今から40年以上前にさかのぼります。エール大学を卒業し、オックスフォード大学に留学したオーナーのジョシュ・ジェンセン氏は、ワインの仕事をしようと決心し渡仏。ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ、ドメーヌ・デュジャックで働き、そこで優れたブルゴーニュワインの個性は石灰岩の肥沃な土壌から生み出されることを知りました。

そして1971年、母国アメリカでロマネ・コンティの味わいを表現するワインを造ることを目指し帰国。2年もの歳月をかけ辺境の地を巡り、ソノマ・コーストのギャラヴィン山脈にあるマウント・ハーランにたどり着いたのです。既存のワイン名産地一帯から離れ、標高2,200フィートとカリフォルニアでも最も標高の高いエリアに位置した土地は、豊富な石灰質の土壌、冷涼な気候という、ピノ・ノワール栽培に理想的な環境でした。

ジョシュ・ジェンセン氏は1974年に石灰岩の砕石場の跡地に土地を購入すると、ロマネ・コンティから持ち帰ったというブドウの樹を植樹。斜面の向き、風の流れ方、気候の微妙な変化を全て調べ上げ、それぞれの区画の個性に合わせてワインを造り分けました。そして1990年には、この一帯にワイナリーを構えているのはカレラだけにもかかわらず、あまりの品質の高さからカレラのための唯一の原産地呼称「マウント・ハーラン・AVA」が認められることになりました。これがカレラが唯一無二の個性をもつ土地を見出したパイオニアであり、孤高の存在と言われる所以です。「カレラ」という名はスペイン語で「石灰岩で出来た焼き窯」の意味。カレラの畑にある1866年製という古い巨大な焼き窯をモチーフに、シンボルマークもデザインされています。

実はカレラがワイン造りを開始した1970年代当時は、カリフォルニアで最高のピノ・ノワールを造るなど、誰もが不可能だと笑うほど困難なことでした。そうした中、ジョシュ・ジェンセン氏はひたすら可能性を信じ、改良に改良を重ねて様々な技術を取り入れ、遂にはロマネ・コンティに比肩するとまで言われるワイン造りに成功しました。その品質を裏付けるように、かつてニューヨークタイムス紙が企画したブラインドテイスティングで、ロマネ・コンティのリシューブルなど、錚々たる顔ぶれのワインを見事打ち破りました。

CALERA カレラ ボトル画像また、カベルネ・ソーヴィニヨンに比べてピノ・ノワールの発展が遅かったカリフォルニアにおいて、1980年〜1989年の間にロバート・パーカー氏が90点以上を付けたピノ・ノワールはたった10本しか存在しませんが、そのうち7本がカレラのピノ・ノワール。パーカー氏は2003年に「カリフォルニアのロマネ・コンティ」というタイトルで記事を書き、その中で 「カレラはニューワールドだけではなく、地球上で最も魅力的なピノ・ノワールのスペシャリストのひとつである。」と大絶賛しています。このような数多くのエピソードから、カレラはブルゴーニュ産の世界最高峰のピノ・ノワールに肩を並べるワインとして、比類ない伝説的な存在となっているのです。

【限定赤】カレラ ジェンセン ピノノワール

48,000円(税込52,800円)

在庫状況 残り僅か1本

購入数