【赤】レ・シェ・デュ・ラ・ポール・ドゥ・ラ・リュンヌ フーガ

  • 【赤】レ・シェ・デュ・ラ・ポール・ドゥ・ラ・リュンヌ フーガ
  • 【赤】レ・シェ・デュ・ラ・ポール・ドゥ・ラ・リュンヌ フーガ
レ・シェ・デュ・ラ・ポール・ドゥ・ラ・リュンヌ フーガ
Les Chais du Port de la Lune Fugue

味わい  フルボディ
タイプ  赤ワイン
VT   2018
国    フランス
地域   ボルドー
品種   シラー(コルビエール)50%、ガメイ(ボジョレー)30%、タナ(マディラン)20%
造り手  レ・シュ・デュ・ラ・ポール・ドゥ・ラ・リュンヌ

【ワイン情報】
ノンフィルター、ノンコラージュ、瓶詰め前に SO2 添加 1g/hl 添加。熟したフルーツ、スパイシー、南仏シラーの特徴とガメイの清涼感、タナのタンニンがしっかりと感じられる。

【生産者情報】
Les Chais du Port de la Lune のワインはボルドーの北に 1950 年代に田園都市として設計され建てられた社会住宅ユニットの地区「 Cité Claveau 」で造られます。
コンセプトは「ワインを飲む場所でワインを造る」「人間らしい規模でワイン製造と熟成の為のセラーを作り、一般に公開することで相互作用を高め、短い流通・販路で働き、消費者を教育すること」

ローラン・ボルドはワイン醸造の教育を受けた後の 2003 年以降、コート・ド・ブールのドメーヌ、ポメロール、ナパ・ヴァレーで経験を積み、2014 年にからボルドーで新たな挑戦を始める。
プロジェクト財務管理を担当するアニカ・ランデ・ハーパは、ブドウとワインの法学修士号を取得しており、シャトー・ラ・トゥールを所有するオーナーのアルテミス・ドメーヌ・グループで法務マネージャーを努めていた。
都会のワイン商人として、醸造するブドウはフランス全土のパートナー達から購入。
すべて有機農業か現在転換中のもの。
2018 年について― 天候に恵まれ収穫も上手くいった素晴らしいミレジム。
2019 年について― 南は良く、北は難しい年となった。収穫は完璧に行われた。

【赤】レ・シェ・デュ・ラ・ポール・ドゥ・ラ・リュンヌ フーガ

3,600円(税込3,960円)

在庫状況 残り僅か1本

購入数