【微発泡】ローラン・バーンワルト ラ・プティット・フォリー

  • 【微発泡】ローラン・バーンワルト ラ・プティット・フォリー
  • 【微発泡】ローラン・バーンワルト ラ・プティット・フォリー
ローラン・バーンワルト ラ・プティット・フォリー
Laurent Bannwarth  La Petite Folie Blanc

味わい  辛口
タイプ  スパークリングワイン
VT   2019
国    フランス
地域   アルザス
品種   ゲヴェルツトラミネール
造り手  ローラン・バーンワルト

【ワイン情報】
やや濃い黄色。熟したりんごやコンポート、ライチ、黄桃やパイナップル、マンゴーなどの豊かな風味を持つ果実香に、沈丁花やジャスミンなど香り高い白い花、蜂蜜や紅茶飴のような魅力溢れる香気が加わります。微細なガスが軽快な様子を掻き立て、芳醇な果実の風味と共に大きく膨らみ泡はすっと馴染むように消え、口中には甘酸っぱいライチなどの風味が留まります。香り高き果実の中に全体をしっかりと支える酸が感じられ、また仄かに残るジンジャーのような風味が引き締まった印象を与えています。蜜に吸い寄せられる蝶のように、ついつい飲み進めてしまうようなフルーティーな風味と華やかさ、少しオリエンタルな雰囲気を持つ味わいです。

【生産者情報】
1960年代にコルマールの南にある村 Obermorschwihr にて創業した蔵元で、合計12ヘクタールの畑を所有。
父ローランの跡を継いだ息子ステファンは、80年代に栽培をビオディナミに変え、エコセールの認証を取得。
加えて、アルザスの自然派の造り手たちからの影響もあり、2007年から少しずつ、探るように自然なワイン造りを始めています。

当初は醸造的に白よりも比較的リスクの低い赤ワイン(ピノ ノワール)のみでしたが、2009年にはエデルツヴィッカーとリースリングも亜硫酸を使わずに醸造。
本格的に取り組みを始めたのは2010年、ジュラの Jean-Marc Brignot が彼のゲヴェルツとピノグリを買い付けて亜硫酸ゼロで仕込んだ年で、シルヴァネールをビン詰めに至るまで亜硫酸を徹底して使わずに造っています。

2011年はアンフォラを使ってピノ ノワール、リースリングとゲヴェルツトラミネールを醸造、またシルヴァネールでは長期間のマセラシオンを試みるなど、意欲的にナチュラルなワイン造りに取り組んでいる、将来がとても楽しみな生産者です。

【微発泡】ローラン・バーンワルト ラ・プティット・フォリー

4,800円(税込5,280円)

在庫状況 残り僅か1本

購入数