【白】ローラン・バーンワルト プティット・ブル

  • 【白】ローラン・バーンワルト プティット・ブル
  • 【白】ローラン・バーンワルト プティット・ブル
ローラン・バーンワルト プティット・ブル
Laurent Bannwarth P’tite Bulle

味わい  辛口
タイプ  白ワイン
VT   2018
国    フランス
地域   アルザス
品種   ピノ・オーセロワ主体、他ミュスカなど
造り手  ローラン・バーンワルト

【ワイン情報】
ややとろみのある黄金色。熟したプラムやマスカット、ライチなどの果実香に紅茶や白い花などの華やかな香りが加わり、アロマティックな印象が感じられます。プティット・ブル(少しの泡)という名前のとおり一瞬舌先をピリッと刺激する程度の微炭酸で、とろみがあることからゆっくりと芳醇な果実の風味とマスカットのような柔らかい甘みが広がります。アロマティックで華やか、それと共に甘く膨らむ果実のニュアンスを感じさせながら、キリッとした酸が重たさを軽くさせメリハリをつけます。僅かに揮発的な酸ではありますが、芳醇な果実味と相性は抜群で馴染みやすく感じられます。アフターにはりんごをかじった時のような溌剌とした風味が抜けていき、フレッシュで爽やかな雰囲気を残します。2日目にはやや酸化に引っ張られるように色合いは深まり、マスカットなどの風味に加え杏などの甘酢っぱい風味が現れます。

【生産者情報】
1960年代にコルマールの南にある村 Obermorschwihr にて創業した蔵元で、合計12ヘクタールの畑を所有。
父ローランの跡を継いだ息子ステファンは、80年代に栽培をビオディナミに変え、エコセールの認証を取得。
加えて、アルザスの自然派の造り手たちからの影響もあり、2007年から少しずつ、探るように自然なワイン造りを始めています。

当初は醸造的に白よりも比較的リスクの低い赤ワイン(ピノ ノワール)のみでしたが、2009年にはエデルツヴィッカーとリースリングも亜硫酸を使わずに醸造。
本格的に取り組みを始めたのは2010年、ジュラの Jean-Marc Brignot が彼のゲヴェルツとピノグリを買い付けて亜硫酸ゼロで仕込んだ年で、シルヴァネールをビン詰めに至るまで亜硫酸を徹底して使わずに造っています。

2011年はアンフォラを使ってピノ ノワール、リースリングとゲヴェルツトラミネールを醸造、またシルヴァネールでは長期間のマセラシオンを試みるなど、意欲的にナチュラルなワイン造りに取り組んでいる、将来がとても楽しみな生産者です。

【白】ローラン・バーンワルト プティット・ブル

3,800円(税込4,180円)

在庫状況 0本売り切れ中

購入数