【極甘口白】ペンディッツ トカイ・アスー・エッセンシア

  • 【極甘口白】ペンディッツ トカイ・アスー・エッセンシア
  • 【極甘口白】ペンディッツ トカイ・アスー・エッセンシア
ペンディッツ トカイ・アスー・エッセンシア
Pendits Tokaj Aszu Essencia

味わい  極甘口
タイプ  白ワイン
VT   2008
国    ハンガリー
地域   トカイ
品種   フルミント50%カバール50%
造り手  ペンディッツ

【ワイン情報】
アスー(貴腐ブドウ”粒”)を手作業で収穫。醗酵中の果汁を足して、マセレーションをする。残糖度200g/Lを超す、濃密なワイン。アスーのマセレーションにおいて、その期間と抽出の度合いが、熟成後の品質に大きな影響を与える。

【生産者情報】
ワイナリーのオーナーであるマルタ・ヴィレ・バウムカウフは、ハンガリーの首都ブダペストに生まれ、2000年に亡くなったドイツ人の夫とともに、トカイ地方にワイナリーを持つことを長らく夢見てきた。そして社会主義の崩壊後の1991年、アバウインサントン村にセラーを入手。1haのブドウ畑からワイン造りを始めたが、2012年には合計10haまで所有畑を拡げた。その中には、彼らのフラグシップにしてワイナリー名でもある、ペンディッツ(畑名)も含まれている。トラクターで入ることのできないテラス状の畑で、ユニークなワインができると、地元でも評されてきた。しかし、多くの手作業を要するため、ペンディッツの区画は長い間耕作放棄されていた。醸造や栽培とは無縁なマルタたちだったが、“実践から学ぶ”をモットーに、できることはなんでも試してきた。2005年以降は除草剤や市販の肥料の使用をやめ、トカイ地域で最初にバイオロジック栽培の認証も取得。マルタによれば、後に受けたバイオダイナミック農法のデメター認証取得もまた、ハンガリー初だった。なお現在は、息子のシュテファンもワイン造りに参加している。

【極甘口白】ペンディッツ トカイ・アスー・エッセンシア

18,000円(税込19,800円)

在庫状況 残り僅か1本

購入数