【オレンジ泡】酒井ワイナリー 尉鶲(じょうびたき)

  • 【オレンジ泡】酒井ワイナリー 尉鶲(じょうびたき)
  • 【オレンジ泡】酒井ワイナリー 尉鶲(じょうびたき)
酒井ワイナリー 尉鶲(じょうびたき)
Sakai Winery  Jobitaki

味わい  辛口
タイプ  スパークリングワイン
VT   2020
国    日本
地域   山形県南陽市
品種   甲州
造り手  酒井ワイナリー
SO2   無添加

※デリケートなワインです、保管はなるべく15度以下でお願いいたします。4月から10月まではチルド便をお勧め致します。

【ワイン情報】
童市で収穫された甲州を皮ごと仕込みました。その色合いを、畑でも見かける野鳥、尉鶲の鮮やかな橙色に重ねてみました。
きめ細やかな泡立ち。ぶどうの旨みと、程よい渋み、そして山形の甲州の特徴である美しい酸味とのバランスは絶妙です。

開栓にご注意を!
澱を含んでいるため、そのまま開けますと中身が勢いよく吹き出します。良く冷やし静置し、念のためシンクで開けてください。またSO2(酸化防止剤)は瓶詰めまで一切添加しておりませんので、必ず冷蔵庫での保存をお願いいたします!

【生産者情報】
 酒井家十六代目当主酒井 弥惣(さかい やそう)は、1864年(元治元年)赤湯村に生まれました。1887年(明治20年)に赤湯鳥上坂にぶどう園を開墾。1892年(明治25年)弥惣27歳の時、ぶどう酒醸造業に着手します。帝国大学農科大学の古在 由直(こざい よしなお)先生に教えを乞いますが、その当時の味覚に合わず見よう見まねの独学でぶどう酒醸造をしていたようです。1908年(明治41年)から1924年(大正13年)まで赤湯町長を務め、その間の仕事を「記憶のまま」「返り見る老後」などの自伝に残しています。
 ぶどう酒醸造業として三代目となる又平は、大変な苦労の中でワイン造りを行っていました。戦争中は女手や年寄りなどの手で、そして戦後は日本酒ブームの中、細々と家業を続けていました。それでもワインは必ず売れる時代が来ると信じていたそうです。
 その後、四代目又平に後継されると、ようやく時代はワインへと移り変わっていきます。そして2004年(平成16年)酒井家二十代目当主、ワイナリーとしては五代目となる酒井一平に代替わりし、現在に至ります。
 順境不誇、悲境不屈、これは我が家の代々の家訓ですが、驕ることなく屈することなく、今出来ることを精一杯励んで参ります。どうぞ末永くご愛飲いただけますようお願い申し上げます。

【オレンジ泡】酒井ワイナリー 尉鶲(じょうびたき)

2,700円(税込2,970円)

在庫状況 0本売り切れ中

購入数