【シャンパン】オーロール・カサノヴァ ピュイジュー グラン・クリュ ピノ・ノワール

  • 【シャンパン】オーロール・カサノヴァ ピュイジュー グラン・クリュ ピノ・ノワール
  • 【シャンパン】オーロール・カサノヴァ ピュイジュー グラン・クリュ ピノ・ノワール
オーロール・カサノヴァ ピュイジュー グラン・クリュ ピノ・ノワール
Aurore Casanova Puisieulx Grand Cru Pinot Noir

味わい  辛口
タイプ  シャンパン
VT   NV
国    フランス
地域   シャンパーニュ
品種   ピノノワール100%
造り手  オーロール・カサノヴァ

【ワイン情報】
グランクリュ・ピュイジューのリウ・ディ「レ・プティット・ヴィーニュ」産のピノ・ノワール100%。1.5ha。セレクション・マサル(マス選抜)によって1968〜69年に植樹された樹齢約50年のVV。228リットルと400リットルの樽で発酵後、11ヶ月間熟成。2〜3年間ビン熟成。ドザージュは2g/l。年産1290本のみの限定作品で、バックラベルにシリアルナンバーが入っています。

【生産者情報】
 オーロール・カサノヴァは2005年にプロのバレリーナとなり、以降「ローマ・オペラ座バレエ団」「デンマーク王立バレエ団」「チューリッヒ・オペラ座バレエ団」といった世界的名門で活躍していました。「バレエ界とシャンパンはなにかと縁があり、気づいたら大のシャンパン・ラヴァーになっていました。実家がシャンパーニュの栽培家であることに運命的なものを感じ、表現者としての道を、今後は女性醸造家として歩むことを決意しました」。
 2年間にわたってアヴィズのワイン学校で栽培学と醸造学を修めた後の2013年、お母さんが所有していたグランクリュ・ピュイジューの1.5ヘクタールの畑を継承。また、2015年に結婚したル・メニル・シュル・オジェのロビネ家のダンナさんからもたらされた1.8ヘクタールの畑も加わって、2019年、「シャンパーニュ・オーロール・カサノヴァ」が誕生しました。(相続の関係で業態はNMで登記することになりましたが、実質は自社畑のぶどうのみを使用するRMです)。
 「ピュイジューのピノ・ノワール、ル・メニル・シュル・オジェのシャルドネという垂涎のぶどう畑を所有する幸運に恵まれました。それぞれ面積も小さいので、限りなくビオロジックに近い栽培方法で、また、月のカレンダーなど一部ビオディナミの手法も採り入れながら、1本1本ていねいに手入れをしています。醸造は、バレエと同様に表現の深奥を極めるため、すべて樽で行っています。飲んでくださる方の体と心を休め、人生の喜びを一緒に分かち合えるようなシャンパンを造りたいです」。
 印象的なラベルデザインは、友人のデザイナーが実際に各作品を飲んで、頭に浮かんだイメージを描いたもの。
 フランスワインガイドの金字塔「ベタンヌ+ドゥソーヴ」にも早々と所載されるなど世界からの注目も高く、輸出比率は早くも70%に達しています。もともとの生産本数が少ないこともあって、日本にも極少量でのご紹介となります。

【シャンパン】オーロール・カサノヴァ ピュイジュー グラン・クリュ ピノ・ノワール

10,600円(税込11,660円)

在庫状況 残り僅か1本

購入数