【白】コンプレモン・テール ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ ル・モルティエ・ゴバン

  • 【白】コンプレモン・テール ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ ル・モルティエ・ゴバン
  • 【白】コンプレモン・テール ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ ル・モルティエ・ゴバン
コンプレモン・テール ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ ル・モルティエ・ゴバン
Complemen'Terre Muscadet Sevre et Maine Le Mortier Gobin

味わい  辛口
タイプ  白ワイン
VT   2018
国    フランス
地域   ロワール
品種   ムロン・ド・ブルゴーニュ80%、フォル・ブランシュ20%
造り手  コンプレモン・テール 

【ワイン情報】
ワインは野生酵母のみで発酵させ、原則的に亜硫酸添加はゼロ。深みあるミネラル感をワインに映すよう、可能な限り長く澱とコンタクトすることもに努める。樹齢も高く、シュールリーで樽熟成を長く行うことで、彼らのワインの中でも、味わいの厚みと骨格のあるキュヴェとなっている。

【生産者情報】
ロワール出身の若い夫婦が2013年創設したワイナリー。夫、マニュエル・ランドロンの実家はロワールのナントでミネラル豊かなミュスカデを栽培、醸造するドメーヌ・ランドロン。トゥーレーヌの複数のドメーヌ(2年)のほかニュージーランドのフェルトン・ロードやチリのルイ・アントワヌ=リュイットなどの南半球でのワイナリーでも経験を積む。ドメーヌの開設にあたり、父ジョゼフは「実感しそして経験を積んでほしい」という想いもあり、異なる地質の複数の畑を息子マニュエルに与えた。醸造学校を卒業後、若いヴァン・ナチュレルの生産者の元でも経験を積んだマニュエルのワインは、父ジョゼフのスタイルとはまた違った、挑戦的な造りが面白いワインだ。今年で28歳を迎えるマニュエル地域の若手の生産者数人と組んで、ワインの分析を必要な時にすぐできる状態にある。テイスティングと分析から亜硫酸の添加、場合によってはフィルターをかけるかどうかを判断し、しっかりとワインを安定させることにも気を向けている。哲学: 有機栽培。酸化防止剤非使用醸造。

【白】コンプレモン・テール ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ ル・モルティエ・ゴバン

3,500円(税込3,850円)

在庫状況 残り僅か1本

購入数