【白】ミヒャエル・ギンドル リトル ブテオ

  • 【白】ミヒャエル・ギンドル リトル ブテオ
  • 【白】ミヒャエル・ギンドル リトル ブテオ
ミヒャエル・ギンドル リトル ブテオ
Michael Gindl Little Buteo

味わい 辛口
タイプ 白ワイン
VT  2019
国   オーストリア
地域  ヴァインフィアテル
品種  グリューナー・ヴェルトリーナー
造り手  ミヒャエル・ギンドル

※デリケートなワインです、保管はなるべく15度以下でお願いいたします。4月から10月まではチルド便をお勧め致します。


【ワイン情報】
オーストリア最北端、暖かくドライでしたが秋が素晴らしく最高の状態で収穫を迎えられました。グリューナー・ヴェルトリーナーをプレス後、温度コントロールなしでステンレスタンクで発酵・熟成しました。色調の濃い緑を帯びた黄金色、スウィーティや青りんごのアロマ、清涼感が溢れる爽快なアタックにグレープフルーツの酸、シャープさも伴い上質な果実味が光ります。

【生産者情報】
ギンドル家は他のオーストリアの生産者と同じく、ワイン造りだけでなく穀物を育て家畜を飼い、林業をも営んできました。それはなんと1807年から脈々と受け継がれてきております。1983年生まれのミヒャエルは祖父が早くなくなった影響で、なんと高校時代にすでにワイン醸造を担当しており、外国へ農業・醸造研修へも行かずただ自分と自分のワイン造りに向き合ってきました。2002年に農業学校を卒業、当たり前のようにその時すでに彼は実家の農業全てを継ぐ決意をしており、2005年に全てを引き継ぎます。

前年の2004年クリスマス、現在の彼に至る決定的、衝撃的な経験を彼は忘れられません。 『クリスマスに自分が醸造した2003ヴィンテージのウェルシュリースリングを飲んだんだ。とても信じられずショックだったよ...まだ1年も経っていないにも拘らず、すでにピークを越え酸化していたんだ。しかし、この時一緒に飲んだ祖父がつくった1979や1983ヴィンテージのワインは2Lボトルでとてもシンプルなスタイルだったけど、まだフレッシュで楽しめたんだ。なぜ自分のワインは...、なぜ祖父のワインはより生き生きしているのか...と考え記憶を辿ったんだ。 行きついた答えはとてもシンプルだったよ。祖父はもっとシンプルにワインをつくっていたんだ。ワインの邪魔をしなかったんだよ。より我慢強く、よりワインに時間を与えていたんだ。この経験が俺にとって全てのスタートであり夜明けみたいなものなんだよ』

この経験以後、ミヒャエルはすぐに搾汁・発酵・熟成にもっと時間をかけるようになります。澱の上でゆっくりと液体を寝かせ、すぐにフィルターするのをやめました。同時に彼は畑の在り方も見直すようになりました。

【白】ミヒャエル・ギンドル リトル ブテオ

2,600円(税込2,860円)

在庫状況 0本売り切れ中

購入数