【赤】ウニコ ゼロ トリュフ ハウンド

  • 【赤】ウニコ ゼロ トリュフ ハウンド
  • 【赤】ウニコ ゼロ トリュフ ハウンド
ウニコ ゼロ トリュフ ハウンド
Unico Zelo  Truffle Hound

味わい  ライトボディ
タイプ  赤ワイン
VT   2019
国    オーストラリア
地域   南オーストラリア州クレアヴァレー
品種   ネッビオーロ バルベーラ
造り手  ウニコ ゼロ

【ワイン情報】
もう国内在庫が残り少なくなってしまった彼らの他ストックも同時にご紹介致します。Unico Zeloが作る赤の中で最も愛されているトリュフ ハウンド。Barbera/Nebbioloのブレンドとなった今、かつてタンニンが些か勝っていた味わいは果実味が前面に押し出されたチャーミングなスタイルとなり、より愛される様になりました。Barberaのフレッシュプラム感が爆発する様な、ジューシーでスルスル飲めちゃうスタイルに仕上がっております。ほんのり鼻をくすぐるカルダモンやリコリスのニュアンスは、さながら氷をたっぷり入れて飲むアマロの様。南オーストラリアのワインは果実感が全面に出て来るんですが、このワインに関しては通り一遍の個性に加えて感じられるスパイス感が実に見事にバランスを保ってりなぁと感心してしまいます。

【生産者情報】
大学の授業でルーシー マルゴー・ショブルック・ヤウマのレクチャーを受けて以来ナチュラルなフィロソフィーを貫く決意を固めたBrendan and Laura Carter【ブレンダン/ローラ カーター】の2人。彼らは所謂オーストラリアに於けるファンキーワイン第三世代ですが、その取組は理に叶ったインテリジェンス溢れるスタイル。

今回リリースさせて頂く一連のワインをご覧頂ければ如実にその方向性がご理解頂けると思います。彼らが所有及び契約している畑は全てオーガニックではありますが、どの品種も地域ではオルタナティヴなマイノリティ品種。現地で最も高値で取引されるシラーズやシャルドネとは違い、少なくとも大規模ワイナリーは見向きもしません。しかしながらそのフルーツの質は素晴らしく、最終的にワイナリーからリリースする際の金額はメジャー品種と比べて遥かにお手軽になるのです。

どのワインもアプローチしやすく素直な果実味に溢れています。売れ線のブドウを植える為に現存する樹を引き抜くのではなく、何とか地域を支えながら自らも成長しようと笑顔を絶やさずにいるこの夫婦の新作是非楽しみにしていて下さい。

【赤】ウニコ ゼロ トリュフ ハウンド

3,200円(税込3,520円)

在庫状況 残り僅か1本

購入数