【白】岡山ワインバレー HAKUBI 樽熟成

  • 【白】岡山ワインバレー HAKUBI 樽熟成
  • 【白】岡山ワインバレー HAKUBI 樽熟成
岡山ワインバレー HAKUBI 樽熟成
Okayama Wine Valley Hakubi Taru

味わい  辛口
タイプ  白ワイン
VT   2019
国    日本
地域   岡山
品種   シャルドネ
造り手  岡山ワインバレー

【ワイン情報】
2018年より稼働した『荒戸山ワイナリー』にて醸造したシャルドネの白ワイン『HAKUBI』の樽熟成タイプです。良質なぶどうが収穫できた2018BYは力強い酸と豊富なミネラル感が特徴ですが、更にトロンセ産フレンチオークの新樽に入れることにより、程よいバランスの樽香と果実感のある上品で贅沢なワインに仕上がっています。

シャルドネを栽培している草月の畑は石灰岩のカルスト台地の上にあり、テラロッサと呼ばれる赤土が地表を覆っています。この南向きの素晴らしい環境で育ったぶどう達は、毎年とても良質な果実を提供してくれるのですが、なにより私のぶどう栽培の先生である安達藤吉氏より「ぶどうと会話するように」という教えの通り、枝一本々々、葉一枚々々、一房々々丁寧に作っています。

先生が勝手に命名した『安達岩』という巨大な石灰石柱(カレンフェルト)がこの畑の目印です。この岩を中心に風が回り、鳥達が飛び交うそんな場所がこのワインのふるさとです。

『HAKUBI(ハクビ)』は「白眉最も良し」という中国の故事から名付けました。

【生産者情報】
新見市哲多町荒戸山の麓にある保育所跡地をリノベーションし、2018年に小さな醸造所を開設しました。限られた生産能力ですが、栽培から醸造まで一貫してぶどう達と向き合いながらワインを造れる環境が整いました。
「良質なぶどうを作れば、おいしいワインが出来る」という前提のもと、ぶどうの繊細な風味を最大限活かすよう、シンプルにスタンダードな醸造を心掛けています。

ワイナリーには漆を中心としたアートスペース&ギャラリーを併設。

荒戸山の自然豊かな景色とアートに囲まれたワイナリーです。

醸造方法:
ぶどうの繊細な風味を最大限活かすよう、シンプルにスタンダードな醸造を心掛けています。

熟成方法:
ぶどうの果実感とシャープな切れをストレートに感じるステンレスタンク仕込みの商品と、存在感のあるボディに程よいバランスの樽香を加えた樽仕込み(トロンセ産フレンチオーク樽を使用)の商品をご用意しています。

【白】岡山ワインバレー HAKUBI 樽熟成

5,500円(税込6,050円)

在庫状況 残り僅か1本

購入数