【赤】シャルロパン・パリゾ マジ・シャンベルタン

  • 【赤】シャルロパン・パリゾ マジ・シャンベルタン
  • 【赤】シャルロパン・パリゾ マジ・シャンベルタン
シャルロパン・パリゾ マジ・シャンベルタン
Philipe Charlopin Parizot Mazis Chambertin

味わい  ミディアムボディ
タイプ  赤ワイン
VT   2019
国    フランス
地域   ブルゴーニュ
品種   ピノノワール
造り手  シャルロパン・パリゾ

※この商品は限定のためお一人様1本ずつのご購入をお願いいたします。

【ワイン情報】
マジ・シャンベルタン上方の区画。樹齢70年。カシス、ブルーベリー、スミレ、ビターチョコレートの複雑なアロマにミネラルのヒント。濃密な黒系果実の甘やかさに、香り高い花のノートと石灰のニュアンスがあり、とてつもないエネルギーを感じる。シルバービーズのような美しい酸と緻密なタンニンが均衡を保ち、豊かなフィニッシュにつながる。

【生産者情報】
シャルロパンは、モダンなワイン造りの先駆者と言われ、ジュヴレ・シャンベルタンを拠点にブルゴーニュ全域で、40以上のアペラシオンを手掛ける名門ドメーヌ。フィリップ・シャルロパン氏は、あのピノ・ノワールの神様と呼ばれるアンリ・ジャイエ氏から指導を受けていた1人で、愛弟子としてとても可愛がられていたといわれています。

シャルロパンのモットーは、あくまでも自然なワイン造り。ブドウの質そのものが、その後の醸造、そしてワインの質を決定すると考えるため、極力自然の力を邪魔しないように、かつブドウの樹が自力で凝縮味のある果実を結実できるよう、細心の注意を払っています。その1つとして挙げられるのが、リュット・レゾネの採用。ブドウの栽培には除草剤と化学肥料は使用せず、殺虫剤代わりにフェロモンカプセルを用いています。ブドウの樹齢は概ね高く、完熟ブドウの収穫はもちろんのこと、厳しく選別した果実は除梗した後、1週間に及ぶ低温マセラシオン発酵を行い、凝縮感のある奥深い味わいを引き出しています。

醸造の際も培養酵母の使用と補酸は決して行わず、その後は瓶詰め直前まで澱引きせずに樽熟成。こうして造られるシャルロパンのワインは、凝縮した果実味とアロマが溢れるボリュームのある味わい。熟成を経ることで樽の香りがアロマに溶け込み、洗練された奥行きのある味わいに変化します。精妙なフィネスを備えた確固たるシャルロパンのスタイルは、まさに“ブルゴーニュ最高峰の1つ”といえるでしょう。

【赤】シャルロパン・パリゾ マジ・シャンベルタン

39,000円(税込42,900円)

在庫状況 残り僅か1本

購入数