【ロゼ泡】タージ プロセッコ ロゼ

  • 【ロゼ泡】タージ プロセッコ ロゼ
  • 【ロゼ泡】タージ プロセッコ ロゼ
タージ プロセッコ ロゼ
TASI Prosecco Rose

味わい  辛口
タイプ  スパークリングワイン
VT   2020
国    イタリア
地域   ヴェネト
品種   グレラ、ピノ・ネロ
造り手  タージ

【ワイン情報】
品種ごとにベースワインをつくり、二次発酵前にブレンド。イタリアでも数少ない火山性土壌で作られるグレラは平地のプロセッコとは別物。この特別なグレラの「土地の味」を残しつつ、ピノネロの風味と色合いを最適な割合でブレンド。プロセッコの規定では、ピノネロのブレンド比率は15%前後だがこのプロセッコは5%以下のタージ独自のブレンドで「DOC認定獲得」したというワイン。美しいサーモンピンク。柔らかな口当たりの泡、溢れる黄桃の香りにキレイな酸とコクのある旨味。

【生産者情報】
2008年頃ミケーレの父が所有していた元石灰岩の採掘場跡というとても珍しい畑で、自然を守りながら土地の自然をそのまま反映したぶどう生産とワイン造りはできないかと、ミケーレと当時ミャンマー駐在中のマッティアが話し始めたのがきっかけ。

農園と絶好の観光地(ガルダ湖、ヴェローナ、ヴェネツィアに近い)という地の利を生かしてナチュラルリゾートホテルの設立を決めました。2人の親友の決意を聞き自分の能力が役立つはずと合流することを決意したのがマッテオ。

当初は自前のワイナリーを作る計画もあったものの、ワイン業界を知り尽くしたマッテオのアドバイスでファゾーリ・ジーノの設備を間借りしてワイン造りを始めることに!

マッテオは最初こそ反りが合わず家業は継がなかったものの、息子とその親友たちのプロジェクトに賛同したナタリーノさんは、惜しみなく協力してくれており、その関係は今も良好に続いている!

〜タージ=ワイン、自然が語るからあとは黙っておこう〜「自然を守る農業」 「タージ独自の味わい」

農園名のタージはヴェネト方言で「黙る」。ワインが語る、自然が語るからあとは黙っておこうといった意味。
農園設立当初に3人で決めた「自然を守る農業」、「タージ独自の味のワイン」というモットーで生み出される、心と体の奥底に響くワインの評価はどんどんアップ!そうしてますます強固になる3人の決意。

ミケーレの財務の知識、マッティアの国際感覚と営業力、マッテオが受け継いできたワイン造りのノウハウがそれぞれ大きく役立っている、男の友情が輝くワインたちから目が離せない!

【ロゼ泡】タージ プロセッコ ロゼ

3,000円(税込3,300円)

在庫状況 残り僅か1本

購入数