【限定白】フランソワ・カリヨン ・プルミエ・クリュ・レ・シャン・ガン

  • 【限定白】フランソワ・カリヨン ・プルミエ・クリュ・レ・シャン・ガン
  • 【限定白】フランソワ・カリヨン ・プルミエ・クリュ・レ・シャン・ガン
フランソワ・カリヨン ピュリニー・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・レ・シャン・ガン
Francois Carillon Puligny Montrachet 1er Cru Les Champs Gains

味わい  辛口
タイプ  白ワイン
VT   2019
国    フランス
地域   ブルゴーニュ
品種   シャルドネ100%
造り手  フランソワ・カリヨン

※この商品は限定のためお一人様1本ずつのご購入をお願いいたします。

【ワイン情報】
ライムなどの柑橘類、洋ナシの香りが豊かで、アタックには柔らかくたっぷりとしたミネラルが感
じられ、凝縮した柑橘類が気品高く口中に広がり、長い余韻を楽しめます。

【生産者情報】
ピュリニー最高峰のカリヨン家を継承し、現代ブルゴーニュを牽引する貫録のトップ・ドメーヌ
既にブルゴーニュトップ生産者として認められたクオリティ。
ブドウの品質を最大限追求するカリヨン家のフィロソフィを継承。シャルドネの厳格さとフィネスを備えたピュアで親密なキャラクター。
彼の風貌は、まさに昔ながらの職人を彷彿とさせる。物静かな性格ではあるが、とても実直で内に秘めたヴィニュロンとしての強い信念が伝わってくる人柄。
ヴィニュロンとしてのキャリアは、1988年に父のドメーヌであるルイ・カリヨンにてスタート。フランソワは、当時から畑仕事・収穫・醸造などの現場経験を積み重ね、カリヨン家の伝統を祖父や父から受け継いできた。フランソワのワイン造りは現在でも、「畑がワインのクオリティを造る」というカリヨン家のフィロフィーを非常に大事にしている。
現在、父から受け継がれた由緒正しき畑に加え、畑仕事に並々ならぬ情熱を注ぐフランソワが厳選し、手に入れた畑からもワインを手掛けている。彼のワインは、どれも偉大なピュリニーという地で生まれるシャルドネの厳格さとフィネスを備え、ピュアで親密なキャラクターが魅力である。2014年には”La Revue du Vin de France”にて、コント・ラフォンやルロワなどと共に、ブルゴーニュで最も偉大な50ドメーヌに選出され、今後注目のドメーヌとして期待される新たなカリヨンである。
細部にこだわるブドウ栽培の一方、醸造については「ブルゴーニュの伝統の手法」と多くを語らない。手作業で丁寧に収穫された後、セラーに運ばれたブドウはステンレスタンクにて8度で冷却され、年にもよるが比較的長くデブルバージュを行う。畑の格付けに関わらずどのワインの発酵・熟成にもアリエ産やトロンセ産の焼きが軽めのフレンチオークのバリックを用いて、自然酵母のみで発酵させ、常にマロラクティック発酵を行っている。新樽率は区画によって異なるが、使用頻度は最低限に抑えられている。
ワイン造りはルイ・カリヨン時代と変わりがないというものの、父のドメーヌでは瓶詰めは3月と決まっていたが、フランソワはワインの熟成状態を見て瓶詰め時期を決めている。また、先代の頃よりも少し熟度を高めて収穫を行い、醸造中のSO2の添加も減らしている。これらの微細な調整を重ねて造られたフランソワ・カリヨンのワインは、非常にピュアでより早くから楽しめ、その上見事な熟成のポテンシャルも備えている。
フランソワが初めて栽培から醸造まで一貫して手掛けた2010ヴィンテージは既に評論家から高い評価を受けており、ブルゴーニュの名門から現れたこの経験豊かな『新星』がブルゴーニュの偉大な白の新たな歴史を造ることに疑いの余地はない。

【限定白】フランソワ・カリヨン ・プルミエ・クリュ・レ・シャン・ガン

19,000円(税込20,900円)

在庫状況 残り僅か1本

購入数