【赤】ラピエール&シャヌデ ボジョレー ヌーヴォー 2022

  • 【赤】ラピエール&シャヌデ ボジョレー ヌーヴォー 2022
  • 【赤】ラピエール&シャヌデ ボジョレー ヌーヴォー 2022
ラピエール&シャヌデ ボジョレー ヌーヴォー 2022
Beaujolais Nouveau / Lapierre & Chanudet 2022

味わい  ライトボディ
タイプ   赤ワイン
VT   2022
国    フランス
地域   ボージョレ
品種   ガメイ100%
造り手  ラピエール&シャヌデ

【ワイン情報】
自然派ワインの祖、故マルセル ラピエールの遺志を受け継ぐ人々によって造られるラピエール ヌーヴォーは、マルセルの妻マリーがオーナーを務めるシャトー カンボンの畑から、ビジネスパートナーであるジャン=クロード シャヌデ氏とともに充実した果実味と密度のある旨味を感じる極上のヌーヴォー

【生産者情報】
フランス自然派ワインの父と呼ばれた故マルセル ラピエールの遺志を引き継いだ人々の手によって造られるピュアさと芳醇さに満ちたヌーヴォー。

偉大な父、マルセルの死後も歩みを止めることなく進化を続けるラピエール ファミリー。事実、彼らのワインは世界中のファンを虜にしており、自然派ワインのスタンダードとしての存在感を増しています。

例年、このラピエール ヌーヴォー用のブドウを供給しているのは、故マルセルの妻であるマリー ラピエールがオーナーを務めるシャトー カンボンの畑から。そのシャトー カンボンのビジネス パートナーであるジャン=クロード シャヌデ氏の協力のもと、華やかな果実味とスムーズな飲み心地、エキス分のしっかりとした、赤ワインでありながら透明感のある繊細な味わいに満ちた、どこまでも飲み飽きない優しさと心地よさに溢れたヌーヴォーを生み出しています。

ラベルのデザインは、レザンゴーロワでお馴染みモーリスシネ氏の手によるもの。そのシネ氏も惜しまれつつ今年5月にこの世を去り、家族間で親交の深かったシネ氏の遺族とマリー夫人の話し合いを経て、2015年度版のデザインを引き続き採用することにしました。

このデザインは、飲めばワクワクするようなラピエール ヌーヴォーの雰囲気をチャーミングに表現しています。

「モーリス シネ氏について」

1928年、フランス パリ出身の著名なイラストレーター。
若い頃は、リトグラフを学びつつキャバレーなどで音楽活動を行い収入を得ていたが、その後兵役に服するようになる。退役後、パリに戻りイラストレーターを志す。

そのブラックな作風は賛否両論、物議をかもしたが、1954年にブラック・ユーモア・グランプリを受賞するなど着実にキャリアを重ねていった。その後、映画のポスターや作品集の出版、風刺漫画を手掛けるなど活動の幅を広げ、現在も地元タブロイド誌に風刺漫画を寄稿するなど活躍中。

故マルセル ラピエール氏と親交が深く、レザンゴーロワのラベルデザインを始め、ラピエール氏が主催するボジョレーワインのイベントのポスターや、ヌーヴォー イベントのポスターなども手掛けている。

【赤】ラピエール&シャヌデ ボジョレー ヌーヴォー 2022

4,650円(税込5,115円)

在庫状況 0本売り切れ中

購入数