【赤】フレッド・ロイマー グリュックリッヒ・ロート

  • 【赤】フレッド・ロイマー グリュックリッヒ・ロート
  • 【赤】フレッド・ロイマー グリュックリッヒ・ロート
フレッド・ロイマー グリュックリッヒ・ロート
Fred Loimer Gluegglich Rot

味わい   ミディアム
タイプ   赤ワイン
VT   NV
国    オーストリア
地域   カンプタール
品種   ピノ・ノワール 40%(2020.2021)、ツヴァイゲルト 35%(2021)、ザンクト・ラウレント 25%(2021)
造り手  フレッド・ロイマー

【ワイン情報】
ロイマーのワインは全てビオディナミ農法で状態のよい果実のみを選果し、収穫を早める昔ながらのワイン造り。全房のまま足でつぶし600ltの樽にて発酵。瓶詰め時に亜硫酸を極少量添加。明るいチェリーレッド色。クランベリー、チェリー、ハーブなどの香り。ジューシーでライトなボディと柔らかなタンニン。ブラッド・オレンジ、チェリー、ハーブでフレッシュな酸味、まろやかな口当たり、柑橘類のフィニッシュ。


【生産者情報】
ランゲンロイスの町は、オーストリアの首都ウィーンから、西北西約70kmのところに位置します。1998年に独立したブドウ栽培地域「カンプタール」に属しており、このカンプタールといえば、南はドナウ川、北はマンハーツベルクの間に位置する渓谷で、大陸性の暑く乾燥した夏と、厳しい寒さの冬が特徴の時には、20度にも達する日中の寒暖差の大きな生産地です。

カンプタールの中心地・ランゲンロイスへ行くと、「ブラックボックス」と呼ばれる近代的美術館と見間違えるほど、特徴的な建物が目に入ります。そう、これこそがフレッド・ロイマー醸造所です! オーナー兼エノロジストのフレッド・ロイマーは、クロスターノイブルクにて、ブドウ栽培と醸造を学び、アメリカ・カリフォルニアなどで経験を積んだ後、故郷ランゲンロイスでワイン造りを始めました。彼は「クオリティマニア」とまで評されるほどの完璧主義者で、ブドウ栽培やセラーでは、常にパーフェクトな仕事を追及しています。

そんな彼造り出すワインは、糖度やエキスの濃縮だけを重視するのではなく、ブドウの生理学的成熟に重点を置いた、ブドウ本来のアロマに満ち、ランゲンロイスのテロワールが最大限に引き出されています。スタイリッシュなワイン芸術にも造詣が深いフレッドは、ワインを芸術の域まで昇華させ、従来のオーストリアワインとは異なるアプローチで、ファルスタッフ誌による、2002年オーストリア最優秀生産者にも選ばれています。

また2004年には、ロンドン・インターナショナルワインチャレンジで、辛口リースリング部門第1位を獲得しています!

【赤】フレッド・ロイマー グリュックリッヒ・ロート

2,500円(税込2,750円)

在庫状況 残り僅か1本

購入数