【オレンジ】カバイ べリ ピノ

  • 【オレンジ】カバイ べリ ピノ
  • 【オレンジ】カバイ べリ ピノ
カバイ べリ ピノ
KABAJ Beli Pinot

味わい  辛口
タイプ  オレンジワイン
VT   2019
国    スロヴェニア
地域   プリモルスカ
品種   ピノブラン
造り手  カバイ


【ワイン情報】
「昔ながらの自然なワイン造りへの回帰」ワインは土壌のテロワールと、何よりも彼自身の個性(キャラクター)が具現化されるとワイナリーの考えです。発酵槽の蓋を開けてオーク樽で12日間醸す。深みと輝きのあるゴールドカラー。熟した黄桃とピーカンナッツのふくよかな香り。骨格となる酸は柔らかくも潤沢、濃厚な果実味がワインのテクスチャーに膨らみをもたらす。

【生産者情報】
かねてからKABAJは歴史と自然を大事にし、まっすぐな姿勢でワイン造りを続けてきました。
現在はアンフォラを使用するワイナリー25社から結成される、『XELOBA KARTULI協会』のメンバーでもあります。
彼らの共通の想いは、ワインの起源である「昔ながらの自然なワイン造りへの回帰」です。古代の技術を現代のワイン造りに取り入れることを目的とし、日夜、その研究と促進に取組んでいます。今、最も古く、かつ最もモダンであるのが、「昔ながらのワイン造り」です。赤ワインのように果皮ごと醸造を施した白ワイン(オレンジワイン)をスロヴェニアでは、”After old wine”と呼んでいます。昔の時代のワイン造りを重んじ、現在に戻そうという試みです。長期に渡って醸されたワインには、天然コルクを用い、瓶内で長く生き続けます。

KABAJの当主であるジャン ミッシェル モレル。彼のワインは土壌のテロワールと、何よりも彼自身の個性(キャラクター)が具現化されています。まず第一に、「自分が手掛けたワインは、自分自身が誰よりも愛さなければ!」と語ります。彼のワインそのものが、ワイン造りにおける哲学を示しています。土壌はワインの前身で、最もワインに影響を与える部分です。健全な土壌とハイクオリティのぶどうありきの基本の考えで、丹念に耕されたミネラル豊かな土壌には、最高のぶどうが実り、そうしてワインは造られるのです。 

【オレンジ】カバイ べリ ピノ

4,200円(税込4,620円)

在庫状況 残り僅か1本

購入数