【白】ココファーム こことあるシリーズ シャルドネ クヴェヴリ

  • 【白】ココファーム こことあるシリーズ シャルドネ クヴェヴリ
  • 【白】ココファーム こことあるシリーズ シャルドネ クヴェヴリ
ココファーム こことあるシリーズ シャルドネ クヴェヴリ
COCO FARM WINERY COCO TOARU series Chardonnay Qvevri

味わい   辛口
タイプ   白ワイン
VT   2020
国    日本
地域   栃木(ココファーム)
畑    北海道余市郡余市町登町 木村農園 70%、北海道余市郡余市町美園町 荒農園 30%
品種   シャルドネ 100%
造り手  10Rワイナリー (北海道)

【ワイン情報】
ブルゴーニュ地方の白ワインやシャンパーニュ地方のシャンパンで有名なシャルドネ種の葡萄は、今や世界中のワイン産地で育てられ、たくさんの色々なタイプのワインが誕生しています。
「こことあるシリーズ 2020シャルドネ クヴェヴリ」は、現在最もポピュラーな白ワイン用葡萄品種を、現在最も古いワイン醸造法といわれているジョージアのクヴェヴリにより醸造しました。
シャルドネの産地は、湿度が低く日照時間が長い北海道余市の葡萄畑。日本屈指の葡萄栽培家、木村さんが大切に育て、完熟を待って11月12日に収穫したシャルドネが100%使用されています。またジョージアから直輸入したクヴェヴリは、10Rワイナリーの土中に埋められたもの。2013年にユネスコ無形文化遺産に登録された世界最古のワイン醸造法、クヴェヴリ製法が採用されています。
はじめに仕込みでは、葡萄の房をそのまま全房プレス。なるべく人間の手を加えず、野生酵母による醗酵を行い、無濾過でビン詰めしました。
ミディアムボデイで、しっかりしたストラクチャーと、フィニッシュに顕著なクヴェヴリの土っぽさやミネラルが感じられます。この滋味溢れるワインは、素焼きの甕、クヴェヴリを土の中に埋めて、野生酵母によって葡萄自らが自然に醗酵、熟成されたもの。ワインの奥深さを感じるこのワインは、ゆっくりしたひとときに無上の喜びを運んでくれることでしょう。

色合いは、澄んだストローイエロー。未熟なパイナップル、はっさく、若干のスモーキーさ、軽い葉物やグリーンオリーブの香り。口当たりは、ミディアムボディでストラクチャーが良い。青リンゴと洋ナシが前面に出ており、フィニッシュに顕著なクヴェヴリの土っぽさがある。酸味とタンニンがあり、フィニッシュにミネラルが感じられる。2022 年から、5 年〜7 年にわたって飲み頃。(ブルース・ガットラブ コメント)


【生産者情報】
1950年代、少年たちによって開かれた山の葡萄畑は、開墾以来、除草剤が撒かれたことがありません。 1980年に誕生したこの山の麓のココ・ファーム・ワイナリーは、1984年からワインづくりをスタート。 2007年より100%日本の葡萄からワインをつくり、現在、ココ・ファーム・ワイナリーの自家製ワインはすべて「日本ワイン」です。 自家畑では化学肥料や除草剤は一切使わず、醸造場での醗酵も天然の野生酵母や野生乳酸菌が中心。“こんなワインになりたい”という葡萄の声に耳を澄ませ、その持ち味を生かすことを大切にしています。

【白】ココファーム こことあるシリーズ シャルドネ クヴェヴリ

5,455円(税込6,001円)

在庫状況 残り僅か1本

購入数